着物

現代にはないクオリティと世界観ドレッセ自慢のセレクション

ティアラドレッセでは、格式ある日本の伝統美に現代の感性をプラスした和装を提案します。
アンティークのお着物を大切に大切に受けついできたドレッセ自慢のラインナップです。
「温故知新」の言葉通り、時代がもつ美しさにハッとされることでしょう。
ドレスのみのご予定だった新婦が、ドレッセのお着物を目にして、和装を取り入れたり、
和装で前撮りをしたりすることも珍しくありません。
正絹で織られた、本物がもつ美しさを体感してください。

着物一覧ページへ

着物の豆知識

白無垢【 しろむく 】
白無垢【 しろむく 】

もっとも格式高い花嫁の正礼装。
頭には角隠し、または綿帽子をかぶります。
身にまとうもの全てを白一色で揃え、純粋無垢の花嫁が嫁ぎ先の色に染まる、という意味合いもあります。

色打掛【 いろうちかけ 】
色打掛【 いろうちかけ 】

現在では正礼装の一つとされている色打掛。
華やかな色で吉祥模様の刺繍がほどこされているものや、織りや染め、金糸や銀糸による刺繍や箔などの技法で吉祥模様がほどこされているものがあります。

振 袖【 ふりそで 】
振 袖【 ふりそで 】

未婚女性の慶事での第一礼装とされている振袖。結婚式は女性が振袖を身に着ける最後の機会です。洋髪もよく似合い、引き振袖(裾を引きずって着る振袖)や花嫁用の小物を身につければ、さまざまな趣を楽しむことができます。

どのような基準で選ぶの?「かつら」と「地毛結い」

白無垢や色打掛で臨む神前式には、やはり和装かつらが格式と美しさを引き出してくれます。
パートナーである長谷川結髪工房のレンタルかつらは、地髪に見間違えるほど自然で、軽く、美しく、装着が楽です。念入りなかつら合わせをして、お一人おひとりのお顔に合わせて結い上げていくオーダーかつらで、和の花嫁に品位を添えてください。

和装での人前式や披露宴の際は、モダンな雰囲気をプラスする洋髪を合わせて華やかに。生花のヘッドドレスでアレンジしても良いでしょう。

花嫁小物5点セット
花嫁小物5点セット
懐 剣【かいけん】 帯にさす、布の袋に入った短剣。
武家に生まれた女性が護身用に所持していたもの。
抱 帯【かかえおび】 帯の下の位置に結ぶ細い帯。丸帯の上に左後方で結ぶ。
末 広【すえひろ】 花嫁の持つ扇子で末広がりの幸せを願うことからこう呼ばれる。
丸ぐけ【まるぐけ】 帯締めの原型で、布で作った細いひもに綿を入れたもの。
箱 迫【はこせこ】 胸元の合わせに差し込まれる
箱状の華やかな刺繍が施された装飾品。
江戸時代武家の女性が用いた小物入れが起源。

y[W̐擪