リクルート
リクルート
リクルート
採用情報

STAFF INTERVIEW

常に向上心を持って自分の思い描く未来へステップアップする
先輩社員たちをご紹介します

2017年入社

小林 諒子 プロデュースチーム所属

Q.日々の業務内容を教えてください。

おふたりの担当プランナーとして、結婚式に向けた打ち合わせや、打ち合わせ後の事務処理業務、そして結婚式当日はおふたりの1番近くでアテンドとしてサポートをしています。

Q.「ティアラ」ってどんな会社?

スタッフみんな、お客様のことが大好きだからこその素敵なチームワークで結婚式を創っています。挑戦したいことを素直に伝えることができ、その機会を与えてくれる会社です。

Q.ステップアップのために心がけていることは?

日々、先輩方を観察して自分に活かしていくこと。
そして常に疑問を持ち、探究心を持ち続ける姿勢は大切にしています。

Q.ブライダル業界で働くことの魅力は?

一生に一度しかなく、一生記憶に残る1日をお手伝いさせていただくことができ、結婚式向けた準備期間や当日を通して様々な愛のカタチや絆、ご縁に気づき、感じることができる点だと思います。

2014年入社

岩崎 麻衣 サービスチーム所属

Q.ブライダル業界で働くことの魅力は?

サービススタッフとして、ウェディングの現場を支えています。具体的には、おふたりの大切なゲストの皆さんへのおもてなし。お料理やドリンクをお出ししたり、パーティのムードをつくることも大切な役割だと認識しています。平日はウェ ディングやイベントに向けて食器やシルバー、その他のアイテムを整理したり、ドリンク発注作業も行います。

Q.やりがいを感じることは何ですか?

言葉にされなくてもお客様が求めていることを察して、スマートにサービスできた時や、結婚式の現場で良いシーンを創れた時に、自然と仲間と目が合って、その感動を共感する瞬間にやりがいを感じます。

Q.目指す人物像は?

周囲の士気を高められる言動がでる人を目指しています。そのためにも何事も地道にコツコツと継続し努力を重ね、 仲間に信頼される自分でありたいです。また仕事を通じて人の気持ちを察する能力を養い、 人を思いやれる人間性を身につけたいと思っています。

Q.「ティアラ」ってどんな会社?

ひとりひとりが個性や強みを持っていて、お互いがお互いをカバーし合える会社だと思います。

メッセージ

未来のティアラスタッフへ向けたメッセージ

プロデュースチーム マネージャー

西坂 純一

結婚式は“いつするか”ではなく、“どこでするか”そして“誰と一緒に創るか”で大きく変わります。だからこそ一生に一度の場面に立ち会うことへの責任感は大きく、またやりがいも大きい業種です。私たちティアラは結婚式の本質を大切にしながらもおふたりらしさを見出し、結婚式に取り入れるゲスト満足も大切にしながらおふたりの結婚式当日の満足、また結婚式を終えてからの満足にも寄り添う存在でありたいと考えています。そのためには人が好き、結婚式が好きであることはもちろん、良い時も悪い時もポジティヴな考えや行動ができることが必要不可欠です。
目の前のお客様の幸せと真剣に向き合えるあなたの活躍を心より楽しみにしています。

サービスチーム チーフ

山室 俊輔

楽しいパーティを創るためにはまずはスタッフが楽しむこと。これは私たちサービスチームが一番大切にしていることです。おふたりとゲストはもちろん、結婚式に携わるスタッフ全員が楽しむことで一体感が生まれ、お客様への満足度にも繋がります。またお客様が心地良いと思っていただける空間づくり、時間づくりをすることが私たちの役目でもあるので、笑顔や言葉遣い、明るい声というおもてなしの基本も大切にしています。
ティアラのスタッフはチーム一丸となって一つのことをやり遂げようという意識を持つ方ばかりです。お互いを認め合い、同じ気持ちで向上していくことで生まれるチーム力が根底にあるからこそティアラの結婚式はステキなのです。そんな私たちと一緒に最高の一日を創りましょう!

キッチンチーム シェフ

山﨑 敦史

結婚式でおふたりの大切なゲストに提供する料理を作っています。シェフとして、自分の考えたメニューをお客様に提供できることはもちろん、チームで創り上げた一皿一皿をお客様が喜んでくださる事が何よりも仕事のやりがいに繋がっています。レストランとしておいしい食事を提供するだけでなく、笑顔と感動を提供しているという使命感やキッチンスタッフだけでなくプランナーやサービススタッフとやり取りをしながら、一組一組の結婚式を創り上げていくというところがこの仕事の魅力です。
そのためにチームのメンバーに求めるのは気配りができる人であること。業務を覚えたり腕を磨くためにはまずは気配りができて良い人間関係を築けることが大切だと考えています。